青森三内縄文べリーランド

会社情報

休耕地を活かし地域の活性化を図りたい

三内丸山遺跡の近くに国内でも珍しい木イチゴのブラックベリーを植えて、青森市の特産品として商品開発を行なっています。
開園当初から農薬不使用・化学肥料不使用での栽培を続け、虫や鳥が飛来する自然本来の形を理想に手間を掛けて育てています。
かつては農業が中心だった三内地区も高齢化が進み休耕地が増えています。
その休耕地を活かし地域の活性化を図りたいというのが始まりで、三内縄文ベリーランドを立ち上げました。
ブラックベリーの見た目の可愛さと子供の頃山で食べていた木苺に可能性を感じ、栽培し始めて数年の園地ですがブラックベリーの収穫量は国内トップクラスになります。
また、ただ栽培するだけでなく今後栽培する苗木を増やし販路拡大と共に雇用拡大も目指しています。
三内丸山遺跡のすぐ側で縄文の風を感じながら社員一同「安心・安全」をモットーとして、全国のみなさまに国産無農薬ブラックベリーをお届けします。

株式会社 天の川 代表取締役 樋口和美

会社概要

会社名 株式会社 天の川
所在地 〒038-0003 青森市石江字平山2-570
農園 所在地 〒038-0031 青森市三内字沢部315-13 向かい
位置 N 40° 48′ 55.1" / E 140° 39′ 15.0"
tel. + fax. tel. 017-781-5593 / fax. 017-753-2755
mail sannai@jomon-berry.land
代表取締役 樋口和美
設立 2006年6月18日
創業 2011年6月1日
資本金 830万円(2018年3月5日現在)

商品開発

2015年3月 玉ゼリーの商品開発・角ゼリーの商品開発
ブラックベリーのピューレ(無糖・加糖)
2015年12月 弘前大学の学生ブラックベリーのカクテル発表
2016年4月 ブラックベリーのジャム商品開発
2016年7月 ブラックベリーのアイスクリーム商品開発
2017年8月 県農産物加工センターにブラックベリーのドリップ防止依頼
2016年3月 ブラックベリーのアイスクリームのデザイン変更
2018年 ブラックベリーのフリーズドライ
ブラックベリーのソース予定

視察・出展・商談会

2016年1月 青森市主催 あおもり食品展
2016年4月 東京ビックサイト「ファベックス」視察
2016年5月 東京ビックサイト「環境展」視察
2016年6月 東京ビックサイト「国際食品工業展」視察
2016年8月 東京ビックサイト「洋菓子素材展」視察
2016年10月 幕張メッセ会場「国際農業資材展」視察
東京ビックサイト「産業交流展」視察
2016年11月 東北ビジネスマッチ東北視察
2017年2月 シンガポールバイヤーと商談会
2017年3月 青森・函館商工会議所商談会
2017年4月 東京ビックサイト「ファベックス」出展
2017年6月 山形県サクランボ園視察
2017年11月 フードメッセ新潟に出展
2018年2月 東京都 地域食材展示商談会に出展
2018年3月 幕張メッセ会場「フーデックス」出展

報道関係

2016年6月24日 東奥日報朝刊に掲載
2016年9月7日 昼・夕・夜のニュース(NHK)
2016年9月10日 夢はここからハッピィ(青森朝日放送)
2016年10月6日 東奥日報夕刊に掲載
2016年11月2日 農業共済新聞(青森版)に掲載
2016年11月9日 農業共済新聞(東北版)に掲載
2017年8月4日 東奥日報夕刊に掲載
2017年8月7日 昼・夕・夜・夜中のニュース(NHK)
2017年8月23日 わっち(青森テレビ)
2018年1月22日 河北新報に掲載
2018年2月1日 東奥日報子供新聞掲載
2018年2月2日 産経新聞に掲載
2018年2月10日 東奥日報に地域産業資源活用事業計画
ページトップへ